遺品整理と孤独死

孤独死をした場合の遺品整理について

遺品整理で慌てないための知識

遺品整理と孤独死

遺品整理を家族がするのなら何も問題はありませんが、遺品整理をする家族がいない場合は遺品整理屋に頼む事になり料金が発生します。

さて、その料金は誰が発生するのでしょうか。

遠い親戚がいて遺品整理は出来ないけど遺品整理屋にお願いして料金を支払ってくれるケースやまたは生前に本人が生前見積もりをして業者に料金をすでに払っているケースならいいのですが、本当に身寄りがなく、何の準備もないままにアパートやマンションで孤独死をしている場合はその遺品整理の料金は誰が支払ってくれるのでしょうか。

業者だってボランティアではありませんからお金にならない仕事は引き受けませんよね。

マンションやアパートならそのままにしておけば困るのは家主ですから家主が支払う事になりますが、遺品整理や部屋の清掃にかかるお金は数十万円です。

家主負担があまりに多すぎますよね。

そのため家主が月額500円前後で孤独死の場合の保険金額が出る「無縁社会のお守り」という保険もあるようです。

今後はそうゆう死後の保険や孤独死に対応した制度がもっと充実してくるのかもしれませんね。

田舎なら近所付き合いも多いので孤独死は少ないかもしれませんが、東京などの都心部ではすごい勢いで孤独死が増えています。

東京23区で2010年の孤独死は2913人にものぼります。

▼お役立ちWEBサイト
京都仏具協同組合

Copyright (C) www.masricardo.com. All Rights Reserved.

遺品整理で慌てないための知識