遺品整理のタイミング

遺品整理ってどんなタイミングで行なうといいのか

遺品整理で慌てないための知識

遺品整理のタイミング

遺品整理はいつ行なうのがいいのでしょうか?

親族がなくなりお葬式に49日などバタバタとした日がしばらく続くと思います。

そして亡くなった事への悲しみが大きければ大きいほど、じゃあ遺品整理をしようという気持ちにはなれませんよね。

突然娘や息子が交通事故で亡くなってしまった・・・・なんてケースなら特にそうです子供がもういなくなってしまっても部屋は生前のまま何年もその状態を保っているという事も決して珍しい事ではなく、人の情というのは死んでしまったからきっぱりなくなるというものではないからです。

遺品も思い出の品としてとっておきたいという気持ちも分かります。

その部屋をそのままの状態でおいていても問題がないのなら心の整理がつくまでは遺品整理をしなくてもいいと思います。

例えば故人の弟が大きく育ちやがて結婚して両親と2世帯家族で住むようになった時に部屋数が足りない、新しい家族が増えた時に遺品整理をするのでもいいでしょう。

遺品整理をするタイミングは時間の流れに任せてしまってもいいと思います。

ただし、アパートを解約する必要があるなど早く遺品整理をする必要があるケースもあります。

その場合はお葬式が終わって、アパートの家賃は1ヶ月単位で発生するので次の料金が発生する前1ヶ月以内に行なう事が金銭的にはいいと思われます。

しかし大切な家族を失ってどうも何もする気になれないという場合は遺品整理屋に任せるという手段もありますが、大切な家族だからこそ、遺品にもたくさん思い出があるはずです。

業者では商品の価値は分かっても、その思い出の価値までは分かりませんから誰もする人がいないならともかく家族がいるのなら悲しくても遺品整理をしながら心の整理をつけていくといいのかもしれませんね。

▼お役立ちWEBサイト
京都仏具協同組合

Copyright (C) www.masricardo.com. All Rights Reserved.

遺品整理で慌てないための知識